ヒト

調達部 (調達・生産管理本部)

“オンリーワン”を解消せよ?

調達部 (調達・生産管理本部)

調達部の仕事とは

調達部ではモノやサービスを「調達」しています。様々なものを「購入する」「仕入れる」「買う」ことが主な仕事です。触媒や環境ケミカル製品をつくるための材料・部品・設備はもちろん、輸送や保管、構内での工事なども対象です。会社がお金を払って調達するものの「調達先を選定」し、その「価格を決定」します。

仕入先様あっての生産活動

夏目 俊彦

調達・生産管理本部 調達部
夏目 俊彦

モノやサービスを提供してくれる会社(=調達先/仕入先様)から見れば当社はお客様です。
他方、当社が調達しているものはオーダーメイド品が多く、別の会社から簡単に買えないものがほとんどです。仕入先様の継続的なご理解ご協力があってこその当社生産活動なのです。したがって、短納期での納品や価格交渉など、仕入先様に無理をお願いする場面もしばしばありますが、それに応えてくれる仕入先様へ最大限の敬意を払うことを意識して仕事しています。

仕入先様とのBCM推進

仕入先様とのBCM推進

当社では大規模災害にも負けないBCM(=事業継続マネジメント)を推進していますが、調達活動も例外ではありません。
万が一、仕入先様で有事が発生しても当社への部品納入が滞ることがないよう、仕入先様での防災体制強化や在庫管理の見直しなどを推進してもらっています。調達部だけでなく専門部署を巻込んで適宜アドバイスしていますが、逆に仕入先様から学ぶことも多く、充実した活動ができています。また、複数の生産拠点がある仕入先様には通常とは異なる工場でも同じ部品を生産できるようにしておいてもらうなど、調達面でのBCMも着実にレベルアップしています。

グローバルでの調達力強化

キャタラーの海外拠点が日本から調達している材料や部品、設備などはまだまだ多いです。
手袋やペンであっても『日本製のあれがいい!』ということがあります。“Made in Japan”が重宝されることは日本人として誇らしいことです。しかし、ライバルとの勝負は品質だけでなく、価格も重要なポイントです。地産地消のように、各国現地で目利きをし、良いものを安く調達できるようグローバルでの調達力強化を推進することが当面の課題です。

調達で活躍できる人物像は...

調達するものはモノやサービスですが、何をコントロールするにしても人が大事です。
品質を管理する、競争力ある価格に導く、納期に間に合うように生産/納入してもらう。当社の思いを正しく伝え、仕入先様に理解してもらい、より良いモノやサービスをより安く調達するためにはコミュニケーション能力が必要不可欠です。礼節、マナー、気遣いも大切です。そして、グローバル調達強化を推進している昨今、英語/中国語などの語学力はもちろんのこと、その語学を身につけるうえで学んだ各国/各地域の文化や慣習も大きなアドバンテージになることは間違いありません。

※掲載している内容はインタビュー当時のものであり、現在の状況とは異なっている場合があります。

■ 過去3年の新卒採用者数・離職者数

〈 2016年入社〉 学部卒:3名 院卒:13名 ※離職者:なし
〈 2015年入社〉 学部卒:4名 院卒:  9名 ※離職者:なし
〈 2014年入社〉 学部卒:3名 院卒:13名 ※離職者:1名

■ 過去3年の男女別新卒採用者数

〈 2016年入社〉 男性:13名 女性:3名
〈 2015年入社〉 男性:12名 女性:1名
〈 2014年入社〉 男性:15名 女性:2名

HOMEサイトマップ企業情報
アクセス  | 個人情報について
ソーシャルメディア(SNS)ポリシー
お問い合わせ

キャタラーは雇用機会の均等化を支援する企業であり、一体性と多様性の実現に向け、責任を持って取り組みます。
また、すべての応募者に対し、雇用や昇進の機会を提供するための積極的な行動を推進します。

株式会社キャタラー
〒437-1492 静岡県掛川市千浜7800
電話:0537-72-3131( 代表)FAX:0537-72-5647

PCサイト

Copyright © CATALER CORPORATION. All Rights Reserved

pagetop pagetop