ヒト

影山 裕也

18

生産管理は、
コミュニケーション

調達・生産管理本部 生産管理部 生産管理室影山 裕也

2014年 新卒入社 専修大学 法学部 卒

部署と部署の間に立つ仕事です

生産管理の仕事は、一言で表せばコミュニケーションです。
例えば、お客様である自動車メーカーから、急に「これだけの量の触媒が欲しい」という要望があった場合、製造部など各部署との間に立って調整をするのが、私たちの役目です。
調整役とか、コミュニケーションの中心という言い方が分かりやすいかもしれません。

四輪触媒の生産を調整

四輪触媒の生産を調整

私は現在、国内向けの自動車用触媒の生産管理をしています。
仕事で喜びを感じるのは、より多くの人の希望を叶えられたときです。
先ほど挙げた例のように、予定していた数量を超える数の触媒が急に必要になったときには、後でつくる予定だったものを前倒ししてつくらなければなりません。そのためには、工程をつめなければなりません。具体的には、製造部に対し、「いつまでに、いくつ欲しい」という日時や数量の情報をはっきりと示し、調整することになります。

周囲を巻き込むことが大事です

周囲を巻き込むことが大事です

生産管理の仕事で大切なのは、周りを巻き込むこと。ターゲットとする問題を絞り込み、それを潰すための方法についての打ち合わせを開き、意見の相違なく同じ目標に受かって行けるように調整することです。
ある程度の経験を積むと、「この製品と、あの製品を一緒につくると効率がいいんだけど…」といった具合に、現場からの要望の中で、よくあるパターンが見えてきます。そのようなときには、以前の経験を応用して対応できます。

「環境」にかかわる仕事に関心がありました

私は、大学卒業後に地元へ帰りたいと考えていました。ものづくりが盛んな地域なので、いくつかのメーカーを検討しました。学生時代は、触媒と聞いても、何のことだかよくわかりませんでしたが、「環境」というキーワードには惹かれるものがありました。

理系の仕事では?

理系の仕事では?

最初の配属が、生産管理室でした。生産管理を行うには、工場のことを知らなければなりませんし、数字を操らなくてはならないため、漠然と理系の仕事ではないかと思っていました。「新卒でこの部署は大変だな…」とも感じました。 ところが、1年間にわたって先輩の下で仕事を教えてもらい、製造現場に毎日顔を出して行く中で、不安は消えていきました。自分の目で現場を見て、工場にはどのような工程があり、この工程の後工程はこれで…といった基本を習得していきました。
よく、文系学生の皆さんから「入社時に専門知識がなければ、仕事ができないのではないですか?」と尋ねられますが、心配はいりません。入社時点で専門知識は不要です。また、製造現場で働く方たちの中には、何十年という経験を持ち、新入社員の親くらいの年齢に当たる方がたくさんいらっしゃいます。そういう方たちには素直に甘えて、教えを請えば大丈夫です。また、キャタラーの事務所は隣の部署との垣根がないフラットな環境なので、困ったことは何でも聞くことができます。

自分は、つながりの中にいる

キャタラーで働くようになり、私の中で最も変わったのは、「自分はつながりの中にいる」ということを意識するようになった点です。 自分が携わっている作業の前にも、後にも、何らかの作業があります。そのため、製造業では、自分のノルマさえ達成すればよいというわけにはいきません。一緒にものづくりを進める人たちとのつながりを常に考えるようになりました。
将来は、会社全体を見渡し、つながりを見ながら働ける部署に行きたいと思っています。

1日のスケジュール

スケジュール

7:00
起床、出社
8:00
朝礼、室ミーティング
9:00
在庫確認、計画調整
10:00
11:00
打ち合わせ
12:00
昼休み
13:00
現場確認
14:00
書類作成、データまとめ
15:00
16:00
打ち合わせ
17:00
書類作成
18:00
明日の作業準備
19:00
帰宅、買い物
20:00
夕食
21:00
自宅で映画を見てくつろぐ
22:00
23:00
睡眠
0:00
1:00
 
2:00
 
3:00
 
4:00
 
5:00
 
6:00
 

動物との触れ合いが好き

動物との触れ合いが好き

キャタラーでは、休日をしっかりと取れます。私は休みを利用して、友人と旅行に行っています。動物が好きなので、生き物と触れ合える所に行くことが多いですね。また、好きな歌手のライブには、年に4,5回は行っています。
平日の夜など自宅で過ごすときには、映画や海外ドラマを楽しんでいます。今さらですが、最近は「glee(グリー)」にはまっています。

※掲載している内容はインタビュー当時のものであり、現在の状況とは異なっている場合があります。

■ 過去3年の新卒採用者数・離職者数

〈 2016年入社〉 学部卒:3名 院卒:13名 ※離職者:なし
〈 2015年入社〉 学部卒:4名 院卒:  9名 ※離職者:なし
〈 2014年入社〉 学部卒:3名 院卒:13名 ※離職者:1名

■ 過去3年の男女別新卒採用者数

〈 2016年入社〉 男性:13名 女性:3名
〈 2015年入社〉 男性:12名 女性:1名
〈 2014年入社〉 男性:15名 女性:2名

HOMEサイトマップ企業情報
アクセス  | 個人情報について
ソーシャルメディア(SNS)ポリシー
お問い合わせ

キャタラーは雇用機会の均等化を支援する企業であり、一体性と多様性の実現に向け、責任を持って取り組みます。
また、すべての応募者に対し、雇用や昇進の機会を提供するための積極的な行動を推進します。

株式会社キャタラー
〒437-1492 静岡県掛川市千浜7800
電話:0537-72-3131( 代表)FAX:0537-72-5647

PCサイト

Copyright © CATALER CORPORATION. All Rights Reserved

pagetop pagetop